工場の派遣社員として働こうと

私は以前正社員として広告代理店の営業の仕事をしていましたが、明らかに達成出来ないノルマを課せられて嫌がらせを受けていました。しかも職場の人間関係も全体的に悪くあちらこちらでそれぞれの悪口を言う声が聞こえてきます。こういう雰囲気の職場は長くいても疲れるだけなので職場を変えた方がいいかなと思って退職しました。

私は学生時代運動が得意でしたのでスーツを来て働くより作業服を着て労務系の仕事をする方が合っているのかなと感じました。それに正社員で働くより派遣社員で気楽に働いていた方が人間関係も必要最低限で精神的にもいいのかなと思って派遣社員として働いてみる事を検討してみました。

インターネット求人で自動車部品工場の派遣社員を大量募集していたのでとりあえず応募してみました。翌日担当者の方から電話があって面接の日や持参するものなどを詳しく教えてもらいました。まず派遣会社で面接を受けたら合否とかそういうのはなくて少し担当者と話しただけで採用が決まってしまいました。おそらく自動車部品工場の人手が足りないみたいで少し話して大丈夫そうだから採用してもらえたのだと思います。

面接の次の日に派遣される自動車部品工場の見学に行きました。その時に自動車部品工場の社員から一通りの説明を受けて私が配属される部署も説明してくれました。配属される部署は車のサンルーフを組み立てているラインでラインの工程に入って作業する仕事になるみたいでした。

ラインは24時間フル稼働をしていて日勤と夜勤を1週間で交代していく勤務形態でした。日勤が8時から20時までで夜勤が20時から8時までという形で常に3時間の残業をするという形でした。しかし残業代は1時間単位で付けてくれるし、夜勤手当も付くみたいなので派遣社員としてはかなり稼げる職場ではありました。

派遣社員として働き始めて最初の1週間はライン作業の習熟という事で社員の人がついていてくれました。主に部品を取り付けていく作業で同じ事を永遠に繰り返していく作業なので少しコツを教えてもらえればすぐに慣れてしまいました。それで1週間が経つと習熟期間が終了して次の週からはひとりで作業しました。

ライン作業はずっと立ちっ放しで仕事をしているので最初の2~3週間は体に疲労が溜まりやすくすごくきつかった印象がありました。しかし1ヶ月ぐらい経ったら立ちっ放しで作業するのに慣れてきたのでそのまま続けられる事が出来ました。派遣社員は最初の1週間で辞めてしまう人も多いのは体が慣れるか慣れないかがポイントだと思いました。ずっと同じ作業を繰り返しているだけなので体が慣れてしまえば続けられるし、慣れなかったらきついと思って辞めてしまうのだと思います。

給料に関しては残業手当、夜勤手当も加算されるので月給約30万円ぐらい稼ぐ事が出来ました。派遣社員としてはすごくいい給料だと思いますし、中小企業の正社員よりもひょっとしたら稼ぐ事が出来ているかもしれません。しかも社員同士普通にコミニケーションが取れていて、昼休みなど休憩している時も社員みんなで和やかに話しています。そのため人間関係で悩む事はありませんので職場環境をすごくいいと思います。

勤務形態に関しては日勤と夜勤が1週間交代なので体を合わせるのは少し大変だと感じました。日勤から夜勤にシフトが変わる時は夜更かしして夜勤の体に合わせなければいけませんでした。また夜勤から日勤にシフトが変わる時は早く寝るようにしなければいけませんでした。若い人はあまり問題なく出来ると思いますが、年齢を重ねてきて中高年になった時にこの勤務形態は体にきついかもしれません。そのためこの仕事は若い人向けの仕事なのかなとも感じました。