派遣社員の仕事は想像以上に激務

派遣社員なら嫌な仕事場で働くことになっても、最悪の場合違う職場を紹介してもらうことで難を逃れることができるし責任が少なくて気軽に働けるだろうと思って派遣社員として働くことにしました。それまで正社員として働いていましたが、仕事は増える一方でしたし人間関係にも疲れて結局辞めてしまったので、今度はなるべく疲れずに働けることができればそれでいいと思ったのです。

いざ応募をして面接はしましたが、派遣会社の面接は大変気楽なものでした。さらっと説明を受けて写真を撮影して終わりです。実家近くの職場で事務員をしたいと希望していましたがその時は近所の仕事がないということで登録だけして帰りました。

後日このまま職場が見つからないこともあるだろうし、保険としてもう一社派遣登録しておこうかと悩んでいる最中にその会社から電話があって少し遠くなるけれど事務員を募集している会社があるとおすすめされました。仕事を辞めてから貯金を切り崩して生活していたので焦っていた私は一刻も早く働いてお給料が欲しいため、家の近所で働くことは諦めて紹介してもらった会社で働きたいという意思を伝えました。するとまた別の日に一緒にその会社へ行きましょうと言われました。

その会社でも面接があるからと教えられて正直、少し面倒だなと思ったのを覚えています。派遣社員はもっと簡単に誰でも働けるというイメージがあったので派遣会社の面接で終わりだと思って気を抜いていました。その後、派遣会社の社員に連れられて職場に挨拶に伺いました。面接と聞いていましたが堅苦しいものではなく、雑談をしながらこちらは仕事内容について質問することができました。気に入ってもらえたのでその職場で働くことが決まって、ひとまずほっとしました。

しかし実際に働いてみて、自分は派遣社員を舐めていたのだとわかりました。簡単な仕事をちょろっとやるだけといった私の都合の良い派遣社員のイメージと現実はまるでかけ離れていたのです。

まず、激務でした。簡単な仕事だけ任されるものだと思っていたら、できることが増えていくにつれてあれもこれもと仕事量が増えていきました。そうなると誰かしらに手を貸してくれと頼まれます。最初は断って帰宅することもありましたが、同じ派遣会社から派遣されている先輩にあまり断らない方がいい。ここの職場で働けなくなると忠告を受けてからできるだけ残業をするようになりました。

派遣社員の仕事がこんなにハードなものだとは思ってもみませんでした。毎日疲れがとれなくて、その職場で働くようになってからみるみる痩せていきました。これが派遣社員として働いてみて一番辛いと思ったことです。

反対に派遣社員で良かったと思うこともありました。それは派遣社員同士の団結力と責任の軽さです。同じ派遣社員同士だとすぐに仲良くなれて愚痴を言い合ったりプライベートで一緒に食事をしたり遊びに行ったりもするようになって、忙しくて疲れていてもどこか充実した日々でした。そしてミスをしてもあまり責められません。社員さんの心の中には、まあ派遣だしねという気持ちがあったのではないかと思っています。何度かミスをして迷惑をかけましたが、それほど怒られるようなことはなかったのでやっぱり正社員とは異なるんだと実感しました。

私はその会社でしばらく働き続けましたが、連日の残業に力尽きて辞めることになりました。同じ時期に何人か辞めていったのでおそらく皆同じ理由だったのではないかと考えています。けれど、確かに派遣社員は忙しくて大変でしたが、ほどほどの仕事量であればとても楽しく働けたのではないかと思っています。そしてどこかにきっとそんな職場もあるのだろうとも思っています。もし機会があればまた派遣社員として働くのも良いなと考えています。